…仏は彫った。魂はこれから?…

一月八日、日本武道館で開催されました『平成30年 鏡開き式・武道初め』に足を運んでまいりました。

 

弓道、薙刀、居合(剣道)、銃剣道、相撲、柔道、合気道、空手道、少林寺拳法

といった武道家、武道をたしなむ方々が集まって、日ごろの成果を発揮しておられました。

会場内でロシア語が良く飛び交っているな…。と思っていると、今年はロシアにおける日本年。日本におけるロシア年。というアナウンスが、ご来賓にもロシアからお越しの方々がちらりほらり、鎧武者姿でご着席、ご挨拶なさっておいででした。

 

「三献の儀」ののちに行われる「鏡開き」。木槌によって打ち開く理由は、「刃物を使って割る」のは「切腹」を連想させて縁起が悪いという武家社会の風習をそのまま引き継いでいる。
「三献の儀」ののちに行われる「鏡開き」。木槌によって打ち開く理由は、「刃物を使って割る」のは「切腹」を連想させて縁起が悪いという武家社会の風習をそのまま引き継いでいる。

近年、日本における武道学習が必須になったとかで、その影響か子供たちが増えたと感じていましたが、開会のあいさつに立たれました高村正彦氏によれば…

『…仏は彫った。魂はこれから…』

なのだそうです。よく見られておいでです。入場待ちしているときに私の足を何度も踏んでは人の顔色うかがって走り去っていった子供を思い出しました。

例え武道に触れていたとしても、それを理解できているとは思えない。同様に、身に着いているとは思えない。すべてはこれからというありがたいお言葉でございました。

しかしながら、昨年上野で開催された運慶展…。ご存知、たぐいまれなる才能を世に示した仏師運慶の作品展ですが…。仏師は彫るとき、既に魂を込めて掘り進めて行くものです。仮にも私、慶派の名前「泰慶」をいただいている者からすると、ちょっと異を唱えたくなる発言でしたね。

なので、勝手に言い換えることにいたします。

『…重箱は用意した。御節はこれから…』

ちょっとお正月には遅すぎる引用ですが、

人格形成という観点から(武道教育の)必要を感じて取り敢えず入れ物となるお重(科目)は用意した。ところが、そこから食べるための様々な料理は(そこから育つ人間一人一人が武道を生涯の学習科目として磨きをかけていくかどうかは)これから作らなければならない

という風にとらえて、これからも指導に自身の修練に励むことにいたします。

それでは皆様、道場にてお目にかかれる日を楽しみに致しております。

いつも心に運慶を