朝霧JAM、ゆるゆるとスタート

さぁ、始まっちゃいました。(アップする頃には終わっちゃってますけど)朝霧JAM2017。
大したお手伝いになっているという自信も自負も在りませんが、自分に出来ることをやりきるだけです。
このお手伝いに関して、誰かからの師事をいただいたとか、教えてもらったという記憶は在りませんが(渋谷の焼肉屋さんでバイトもしましたが…あれは洗と清掃がメインでした)、周りで人の動きを一つずつ覚えながら、同時に、関係ない部署も含めていろんな方面からいくつもダメ出しされながら、仕事を覚えて今に至っています(よくよく思い出せば、電子マネーの機械とビールサーバーからビールを出すことだけだな!)。本職の人から見れば、なんちゃってにも及ばないバーテンダーなんです…。

さて、本職のテコンドーでは時折、指導した生徒に
『他の帯を見に行くので、これこれを練習しておいてください。』
というと、『せんせぇ!これ、何回やればいいんですかぁ?』という質問をいただくことがあります。
即答で申し訳ありませんが、『あなたが死ぬまでです!』と斬り捨てていますが何か?
そも、武道の技術というものは、生涯学習の名の元、自分の人生を通して何かを学び、また何かを発見しながら繰り返してゆくものであり、何回やったから完璧に達するなどという底の浅く、頂点が低く、奥行きが短く、幅の狭いものではありません。
こういう問答を大人にも子供にも平気で行う私に、『先生、子供に大人の話は…。』という方もいらっしゃる。では聞こう。その子はいつ大人になる?二十歳とか抜かすなよ。二十歳を過ぎた子供はたくさん見かけるぜ。そういう子供には大人になるまで武道などさせなければ良い。自分の手足を武器(分からないやつには一生涯凶器)にする武道に大人も子供も関係ないんだよ。

分からないことは人に聞く、見て学ぶ、そして体を動かして覚える。何度でも。

回数を決めないのは『芸事は満足したらそれまで』とか『技術は満足を境に衰退する』という名言を恐れての事。

抽象的に十を区切りにしても良いのです。その十回の中で何かを掴むことができたとしましょう。はじめの十回を終えたところで、自らもう十回。掴んだ何かをもっと確実にしようと努力するでしょうか?
逆に、何も掴めなかったとして、更に何かを捜し求めて、もう十回。繰り返すでしょうか?

居るんですよ。『先生に言われた回数やったから間違いありません!』と言い切る奴が…。ね?死ぬまでやってもらわないとこっちが安心できないんですよ。
人に聞けない状況もあるでしょう。そういうときは、人に聞く代わりに、自分の頭で考えればよいのです。

言われて分かった、聞いて分かったは頭の問題であって、身体の問題ではありません。
知行合一と言いまして、僕らは身体と頭の両方を一致させて初めて一つを為すのです。

技術は回数じゃない。

朝霧 2日目(準備)

起床は6時、出発準備を整えて、七時に館内集合場所へ。
出発直後に見上げた富士はいつもと違った顔を見せる。でも、これが西側から見上げる富士なんだよね。
人の記憶にある富士っていうのは、浮世絵などに見る東からの富士観を反映している事が多いのか、違和感を覚えたり、人によっては嫌悪感さえ懐く者もいる。

しかし、考えても見なさい。富士山とは其処に在るものであり、どの角度から臨もうが、誰がなんと言おうが紛れもなく『富士山』なのです。

私はある人から『エゴイスト』と言われた(彼は現在もそう言うでしょうが)こともありますが、私の一部しか見たことのない、あるいは見ようとしない狭量なるものが、私の何を語れるのか?物事や人物をメタ視する事すらしないものが勘違いも甚だしいので、放って置いてあリます。

バカと同じで、人をエゴイスト呼ばわりする者が最もエゴイストに近い存在です。

そも、『馬鹿に付ける薬はない』のだから…。

ぁ、蛇足になりますが、未だに人の言うピカソやダリの良さや、あの絵を生み出すに至った苦悩を僕は理解出来ずにいます。釈迦が説法してもこればっかりは、悟りを開ける自信がありません。

New? plug in

Xoops もそうだったが、これ、 WP もプラグインの恩恵を受けている。そして、ありがたいことに新たな恩恵を教えてもらい。早速試してみることにした。

[insta-gallery id="1"]

インスタグラムのプラグインだが、どうだろう?きちんと働いているか心配だ…。

アルコで朝食を

昔、イタリアはリヴァ・デル・ガルダで闘ったときのこと。
日本チームより一足先に現地を訪れていた私は、大会会場から少し奥に位置するアルコという小さな?街に二晩ほど世話になった。
その時―夕暮時より少し前だったか?―立ち寄った、街のカフェ(名前はもう覚えていない)が妙に気に入って、宿泊先より高い所なのに、わざわざ登って行ったっけか。
もう一つ、郵便局がその先のもっと登った所に在って、そこから兄貴宛てにヴェローナで入手した円形劇場の絵葉書を出していたのは、今のところ秘密にしておこう。
今、金沢に降り立ち、朝食を楽しんでいる訳だが、この『アルコ』と名乗るカフェの雰囲気が、あの当時アルコのカフェで味わった空気によく似ている。
不思議な縁を勝手に感じている訳だ。
偶然ゴーグルマップで検索にかかったのも不思議と言えば不思議で、カフェの前に来るまで『cafe Arco station』という名前であることに全く気づかなかったのだから。
違うところと言ったら、あの日、珈琲の歴史とキリスト教徒の関係を学んだ、紙マットが無いことくらいだろう。

FUJI ROCK2017準備初日

2017年7月25日火曜
苗場は霧がかかってます。
現場は雨の影響で泥濘んでいます。
トラックに荷物を積んだり下ろしたりしてここまで来ました。
明日からの設営、装飾に全てがかかっているわけですが、到着早々、不安が隠せません。

合宿-1日

明日から始まる合宿ですが、気の早い私は本日から現場に向けて移動を開始いたします?

で?交通手段ですが…。

何時もの深夜バスを使います。

今回の目玉は?

何時もは新宿のバスターミナルからですが、今回はブヤシーからの出発です。

旅の不安は?

久し振りに観る日本海に眼が眩みそうです。帰着地が新宿なので、自宅に無事に戻れるか?すでにそちらが心配です。

装備はバッチリですか?

洗濯が出来れば、文句無しにバッチリだと思いますが、物事に完璧とか十分とかは無いのですよ。その辺はマンパワー(人力)で何とかしてみます。

水鉄砲が必要らしいですが?

古来より、戦闘の中では『分捕り』というのが発生します。文字通り、相手の武器を奪うことです。分捕るところからのスタート位がちょうど良いハンデでしょう(当然、奪い取ったら相手は海中にグッバイです)。

大人気ないですよね?

中途半端に大人ぶるより潔いだろ?童心に還りきっていると言ってくれないか?

楽しんできてください。ちなみにザックの口、開いてますよ。

自撮りしたら、ザックの口が開いているのを発見。

ありがとう。背中の荷物をぶちまける前に口はしっかり閉めておきました。

在る街のハードロックなcafeでランチ。目に留まったタンゴサルサバーガーを頂くことにした。

狭山には昔からジョンソンバーガーといふグルメが有りますが、食し比べと行こう。

厚さ

ジョンソンバーガーはトッピング無しでも厚い。どの位かというと、トマトのスライス(厚切り)二枚、玉ねぎのスライス(厚切り)二枚。合わせて4センチくらいが肉の上に乗って出てくる。肉もバンズも厚いので、正直にこのままでも、お口ダイレクト!は結構キツい。
通な人はここにベーコン、チーズ、肉をもう一枚(または二枚)加え、厚さ1.5倍にしたところで、トマトと玉ねぎのスライスを食してから、お口に肉肉パンチを愉しむ。
ちなみに、肉を一枚追加したジョンソンバーガーを「ジョンソンWバーガー」。二枚追加すると(たぶん)「ジョンソントリプルバーガー」という…。

アルタンサルサバーガー(勝手に略してます)
こちらも負けず劣らず分厚い感じが食欲をそそります。見た目は小振りなジョンソンバーガーをイメージしますがそれは郷土愛だと思ってください。

タンゴサルサバーガー

全体的な大きさはジョンソンバーガーに軍配が上がりますが、味の方は如何なものか?

実食で実にショック!

これはもう、事件です。カフェからレインボーブリッジまで猛ダッシュして、「諸井さん、スミマセン。アクアラインと間違えて封鎖しちゃいました!」みたいな勢いで襲い掛かられました。ちなみに、個人的に封鎖してみたい橋は勝鬨橋です。『何かのどさくさに紛れて跳ねてみたい』とか考えてます。

ぇ?解りにくい。
じゃぁですね…「推理小説に出てくる事件現場の殆どは会議室みたいな密室なんだよ!(密室を基準として作家の想像の及ぶ範囲(描かれる世界の大きさ)がだいたい分かると思いますが?)人はトリックに感動を覚えるんじゃない。トリック一つに巻き込まれた世界の大きさに感動を覚えているんだ!」ということです。

これはジョンソンバーガー、ウカウカシていられません。

決まり手は厚切りベーコンにパンツを履かせたサルサソースコシノアールバンズと、ぎっしりつまった肉。ほとんど全部じゃないか!という突っ込みはしないでください。バーガー一つにこれらを全部突っ込んだ!ということに感動を覚えているだけです。バーガーと言ったら、ジョンソン。百歩譲ってドムドムキングか?悩んで上がってくるのがキングです。フレッシュとか、モスとかもあるようですが、ごめんなさい。数に入ってないです。

まずバンズがしっかりしてるのに驚きです。
大抵のバンズはソースや肉汁、カット野菜の水分を吸収して、ヘタっていくものですが、さすがお店の名前に「ハードロックを掲げているだけあってバンズがしっかりハードに中身をホールドしてくれます。

かじりついた時に上下の前歯が感じる肉触感が半端じゃないです。上は厚切りベーコンが当たってるだから、ソリッド感があって普通です。しかし、下の前歯もステーキ肉?と言うくらいしっかりとした感触があるのです。慌てて断面を凝視しましたが、なるほど、「ハードを冠するカフェ。肉もハードに詰まっていました。

そして、ベーコンの程好い塩気サルサソースの風味が口の中に広がるのです。口の中でタンゴを踊っています…。いや、サルサだったかも…。

この辺りのパンツ力となると、オーソドックスにデミグラスソースだけで勝負しているジョンソンバーガーには誠に残念ですが、アルタンサルサバーガーに軍配を挙げざるを得ません。

いやぁ、お昼って本当に美味しいですね。