成人の日・鏡開き・武道初め

今年も日本武道館で開催される「成人の日恒例鏡開き式」、並びに「模範演武・武道初め稽古会」に参加して元気を頂いて来ようと思い、日本武道館のサイトから直に拝借して参りました(たぶんタップかクリックすると日本武道館のサイトに飛べると思います。リンクが外れていたら、ご一報いただけるとありがたいです)。

今年はどんなお話が聴けるか楽しみ

成人の日と言いましても、私などはとんと大人になった感覚はなかったのが、本心。大事な心の節目であるにも関わらず、唯物化による形骸化が進んでしまったが為に、大事な心を置き忘れて居るのではないか?

そんな気さえする私共には、大事なイベントだと個人的に感じて、ここ最近は毎年参加させていただいております。

そんな中、高村氏より『佛は彫った。魂はこれから…』という大変興味深く、師範の末席に名を連ねる私の責務を重く受け留めるお話を聴きましたのが、昨年の同催しでございます。

そう、今年はどのようなお話をいただけるのか?

楽しみにいたしているところなのです。

それでは1月14日。日本武道館にてお目にかかれる事を楽しみに致しております。

2019.01.03 菅谷泰三