…仏は彫った。魂はこれから?…

一月八日、日本武道館で開催されました『平成30年 鏡開き式・武道初め』に足を運んでまいりました。

 

弓道、薙刀、居合(剣道)、銃剣道、相撲、柔道、合気道、空手道、少林寺拳法

といった武道家、武道をたしなむ方々が集まって、日ごろの成果を発揮しておられました。

会場内でロシア語が良く飛び交っているな…。と思っていると、今年はロシアにおける日本年。日本におけるロシア年。というアナウンスが、ご来賓にもロシアからお越しの方々がちらりほらり、鎧武者姿でご着席、ご挨拶なさっておいででした。

 

「三献の儀」ののちに行われる「鏡開き」。木槌によって打ち開く理由は、「刃物を使って割る」のは「切腹」を連想させて縁起が悪いという武家社会の風習をそのまま引き継いでいる。
「三献の儀」ののちに行われる「鏡開き」。木槌によって打ち開く理由は、「刃物を使って割る」のは「切腹」を連想させて縁起が悪いという武家社会の風習をそのまま引き継いでいる。

近年、日本における武道学習が必須になったとかで、その影響か子供たちが増えたと感じていましたが、開会のあいさつに立たれました高村正彦氏によれば…

『…仏は彫った。魂はこれから…』

なのだそうです。よく見られておいでです。入場待ちしているときに私の足を何度も踏んでは人の顔色うかがって走り去っていった子供を思い出しました。

例え武道に触れていたとしても、それを理解できているとは思えない。同様に、身に着いているとは思えない。すべてはこれからというありがたいお言葉でございました。

しかしながら、昨年上野で開催された運慶展…。ご存知、たぐいまれなる才能を世に示した仏師運慶の作品展ですが…。仏師は彫るとき、既に魂を込めて掘り進めて行くものです。仮にも私、慶派の名前「泰慶」をいただいている者からすると、ちょっと異を唱えたくなる発言でしたね。

なので、勝手に言い換えることにいたします。

『…重箱は用意した。御節はこれから…』

ちょっとお正月には遅すぎる引用ですが、

人格形成という観点から(武道教育の)必要を感じて取り敢えず入れ物となるお重(科目)は用意した。ところが、そこから食べるための様々な料理は(そこから育つ人間一人一人が武道を生涯の学習科目として磨きをかけていくかどうかは)これから作らなければならない

という風にとらえて、これからも指導に自身の修練に励むことにいたします。

それでは皆様、道場にてお目にかかれる日を楽しみに致しております。

いつも心に運慶を

2018年1・2月練習日程(予定)を更新

あけましておめでとうございます。

皆様良いお年をお迎えになられましたことと存じ、お慶び申し上げます。今年もよろしくお願い申し上げます。

月並み、寄る年波(?)の挨拶はこのくらいにしておきまして、今月、来月の練習日程(予定)を更新いたしましたので、報告申し上げます。

詳しくは文中のリンクからご確認ください。

合宿-1日

明日から始まる合宿ですが、気の早い私は本日から現場に向けて移動を開始いたします?

で?交通手段ですが…。

何時もの深夜バスを使います。

今回の目玉は?

何時もは新宿のバスターミナルからですが、今回はブヤシーからの出発です。

旅の不安は?

久し振りに観る日本海に眼が眩みそうです。帰着地が新宿なので、自宅に無事に戻れるか?すでにそちらが心配です。

装備はバッチリですか?

洗濯が出来れば、文句無しにバッチリだと思いますが、物事に完璧とか十分とかは無いのですよ。その辺はマンパワー(人力)で何とかしてみます。

水鉄砲が必要らしいですが?

古来より、戦闘の中では『分捕り』というのが発生します。文字通り、相手の武器を奪うことです。分捕るところからのスタート位がちょうど良いハンデでしょう(当然、奪い取ったら相手は海中にグッバイです)。

大人気ないですよね?

中途半端に大人ぶるより潔いだろ?童心に還りきっていると言ってくれないか?

楽しんできてください。ちなみにザックの口、開いてますよ。

自撮りしたら、ザックの口が開いているのを発見。

ありがとう。背中の荷物をぶちまける前に口はしっかり閉めておきました。

アカマンボウで海洋環境を考える

入院中のことです。食べる機会をいただきました。南の方じゃマンボウを食べると聴いていたので、気になったついでに調べてみました。確かに外見はマンボウに似ていましたが、マンボウの仲間じゃないんだとか…。

で、別名マンダイ。ナムコと合併した会社ね!という滑りをかましたかったのですが、止めておきます。

和名アカマンボウ、体長約2メートル、体重は約270キロと言うからかなりの巨漢…。じゃなくて(一般家庭的なサイズとしては)超巨大魚。流通はマイナーながら、マグロの延縄漁にかかっちゃうらしいので、捨てるのもったいないね?という方向でマグロに混ざって陸揚げされているみたい。

背中側をムニエル、腹側は刺身に成っているとか何とか…?…あれ?おいらの食べたマンダイはどの辺なんだろう?

お仲間は?

リュウグウノツカイ寄りらしいけど、食べちゃったら竜宮城に行けないじゃん!

ひょっとして…

浦島太郎の物語中に『タイやヒラメが舞い踊り…』云々という一節を思い出しましたが、このヒラメはマンダイの見間違いだったのでは?

ぁ!益々竜宮城から遠のいた気がしてきました!乙姫様ごめんなさい!

どういう分類なのか?

学名上の目、科、属に共通するLamp-は『輝かしい』とかいう意味のラテン語らしく、体表面はきらきらと輝かしいそうです。正に

『名はタイを表す』

で、この学名が定まったのが1799年頃。時代が移り変わること二世紀と15年。米国海洋大気庁の調査により、アカマンボウは魚類で唯一血液の温度を保つことが出来る魚ということが判ってしまったんだそうな!深海に輝くランプ!

正に

『名はタイを表す』

明るいだけじゃなくて、温かいお魚だったとは…。

血液を周辺深海温度より高く保つことが出来ると言うことは、この魚、魚類の仲間としてはかなり鳥類、哺乳類寄りの進化を遂げた魚ということであり、そのお魚さんを病院食として何も知らずに頂いたわけです。

海は男もロマ~ンっ!

誰?ポポ□ク□イスのナンチャラ大魔王とかいった人は?(…否定はしないけどさ…)さて、先にも述べたように学名が決まったからといって、その生命体の総てが解明されたわけではありません(分類の仕方も微妙だよね?)。事実、体温を調整できる魚がこの世に存在するなど、二年前まで判っていなかったのですから。この様に海洋生物は水という大きく分厚い壁に阻まれ、未だに解明されていない生体と生態が非常に多いのです。現在、地球の急激な温暖化により、住処を喪いつつも何とかあっぷあっぷしている魚とそれを捕食する魚とでひしめき合っているのです。

で、私たちはそんなことお構いなしに彼等の住処を荒らし、せっせと魚を口に運んでいるわけですよ。

まさか病院食のメニューで一筆書くなど…。

お釈迦様でも気づくめぇ

アカマンボウ…

…お味はよろしいようで…

抜糸を読み違う

先週の金曜日、丁度オペから一週間。抜糸するだろうと、半ば喜び勇んで病院へ行ったが…。

消毒してフィルム貼っておしまい

ぇっ!抜糸は?と唖然とする私は眼中にないようだったが、

『じゃ、来週来てください。』

抜糸は其処まで先送りかぁ~…。トレーニングの予定はがっつり立てちゃってるし、っていうか、これからトレーニングする気満々で、これから向かうところナンですけど…(退院直後もトレーニングしましたが)…。

剥がれなければ、シャワーO.K.

とセンセーおっしゃっていましたが、上の穴三つはどれもみんな怪しいんですけど(下図参照)…。というのは、チャリチャリ、ジョグ、階段昇降、通常歩行、立ったり座ったり、もちろんトレーニング(ウェイトもアライメントも)、テコンドーも総て膝が引っかかるんですよね…。

で、予想していたとおり

結局剥がれた

裾を膝上にまくって、膝もその周辺も擦れないような努力をしていましたが…。
剥がれちゃったものは仕方ない。っていうか、シャワーお預けじゃん!

今朝薬局でデオシート?買っといて良かったぁ!

『抜釘』と言うそうです

僕らは『抜去』と呼んでましたが、地域か教え方、あるいは訳し方のニュアンスの違いでそうなるのでしょうか?

疑問を残したまま退院しちゃいましたが、『抜釘』を使うところでは、『抜去』も通じるようです。

確かに『抜き去る』と言うのと、『釘を抜く』と言うのでは、作業のイメージが違う感じがしますね。

『抜去』も『抜釘』も

どっちでも良いけど、二回目になります。一度目の靱帯固定には、医療用ステープラー(ホッチキス?)を使ってたのと、ちょっと時間をおきすぎたせいで、骨がステープラー君を呑み込んで、ステープラー+人工靱帯+脛骨を完全一体化させちゃってました。

この『抜去』(に限らず、総ての)オペを寝て過ごす私が記憶してます。オペ室に響く打撃音とそれに合わせるように足を何者かが引っ張る感覚。どちらを先に感じたとかは記憶してませんが、何やら、誰かに足を引っ張られているような感覚で目を覚ましちゃったような記憶がうっすらと…。寝ようにも眠れず、思い切って先生に話しかけると、『ぇっ!起きちゃったの!?』と驚き、時間を気にした様子。続けて『君の骨、堅くて削れないんだけど…。何で?』そんなに骨密度高かったのかなぁ?『暇なときは、鉄扇で叩くか、10キロの鉄アレイを脛の上転がして遊んでました♪』なんて口が裂けても言えなかったです。何にしても、どれほど大変だったのか…。執刀してくださった先生、本当にお疲れさまでございました。そして、ありがとうございました。

今回は『抜釘』

時代は進歩するものなのか、オペの速度を気にしなくなったのか?はたまたこの『抜釘』を考えてオペをするようになったのか?主治医がどういうオペになるか?何を入れるか?等話してるはずなのですが、患者の方はそんなことスッキリ忘れているって事多くありませんか?

再々腱を決めたときから

『靱帯の固定はネジでやるよ!』と主治医のセンセー。

…ほぅ、あの日向の小倅が?

…ぉぅっ!これで俺の体にはネジのチャクラがねじ込まれるってばよっ!

という返しを押さえ込んみ『先生、そこはヒナタさんにお願いしたいです!…』と小さく返したので、先生はスルー。

その時、一年後くらいに感染症予防(外相からの感染で温床になる可能性もある)のため、人体じゃない物は取り除いておこう!という話にもなっていた。抜けば開けられた穴は勝手にふさがるし。叩けばもっと早く塞がります。

今回のオペは元々予定されていた再々腱オペの一環ということ。

そんなことで日向さんちのネジが二人も居座ってたもんだから(たぶんもう一人はヒナタさん)、二人も暇を持て余すと…『獣歩っ!!』とかやり出して暴れるもんだから、時々ペインが痛い痛い。

ヒナタさん、お願いですから真っ直ぐ歩かせてください。

ということで、

ネジ二本抜いて完了。オペ中に目覚めることもなく、点滴針が抜けたり折れたりすることもなく、ぐっすり週末を満喫した私でした。

自己のリハビリ残ってるけど、めでたし、めでたし。

Powered by Taizo Sugaya

Another Progression

image
これは着地練習中

前十字靭帯再々腱オペから本日で17週が経過しましたが、朗報です。

5分間のジョグ許可が出ました。 ィェィ! v(ー▽ー)v

ジョグというみなさんがイメージしている一般的誤解の温床なものと、トレーナーやリハビリ担当のそれとは大きな隔たりが在るものですが、ご存知でしょうか?

ぇ~…。ちなみに時速3キロ未満のものをジョグ(ジョギング)とかいうそうです。

時速にして3キロ未満…一般的な歩行速度より遅いです。歩くより遅く走る…。えっ?プライドが邪魔して出来ませんか?残念。体を鍛えるのに都合の良いトレーニングなのですが…。昔何かの合宿で山中湖湖畔を朝食前に駆けた際、披露した事がありましたが、誰も走ることが出来ず、歩いていましたね。宿舎戻る頃には私独りが汗だくでしたが…。

五分間ですか?
充分です。五分の複数回セットで身体を造ってやろうじゃないか。

で?歩くより遅く走っても良いぜ!というハングリーな奴募集中。

居なくたって独りで走るけど。