スノーシュートレーニングに潜入

少人数八甲田山?

経験乏しい人間だけで組織したグループで山の向こうまで行進する…。

という、どこかで聞いたことのある大惨事の臭いがする無謀な行進ではありません。

捜索だったり、救助だったり、いつでも晴天に恵まれているとは限りません。むしろ、雨、雪、嵐、吹雪、暴風…。といった中の方が出動することが多いかと…。

今回は条件の良い環境下で、犬たちの雪馴らしを目的に、自分たちも雪馴れしよう(楽しもう)的なイベントのお誘いをいただいたので、かつて、上牧温泉病院でお世話になっていたころが懐かしい、群馬県水上町へ飛び出してまいりました。

以下はその時の様子です。

https://www.instagram.com/p/BsTFPFpHRKF/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

2019.Jan.6 written by Taizo Suagaya

合宿-1日

明日から始まる合宿ですが、気の早い私は本日から現場に向けて移動を開始いたします?

で?交通手段ですが…。

何時もの深夜バスを使います。

今回の目玉は?

何時もは新宿のバスターミナルからですが、今回はブヤシーからの出発です。

旅の不安は?

久し振りに観る日本海に眼が眩みそうです。帰着地が新宿なので、自宅に無事に戻れるか?すでにそちらが心配です。

装備はバッチリですか?

洗濯が出来れば、文句無しにバッチリだと思いますが、物事に完璧とか十分とかは無いのですよ。その辺はマンパワー(人力)で何とかしてみます。

水鉄砲が必要らしいですが?

古来より、戦闘の中では『分捕り』というのが発生します。文字通り、相手の武器を奪うことです。分捕るところからのスタート位がちょうど良いハンデでしょう(当然、奪い取ったら相手は海中にグッバイです)。

大人気ないですよね?

中途半端に大人ぶるより潔いだろ?童心に還りきっていると言ってくれないか?

楽しんできてください。ちなみにザックの口、開いてますよ。

自撮りしたら、ザックの口が開いているのを発見。

ありがとう。背中の荷物をぶちまける前に口はしっかり閉めておきました。

Gradually Shift to Active Training

リハビリのことですが、徐々にパッシヴからアクティヴなトレーニングに変わりつつあるんです。
フジロック前には片足スクワット(道場でやるものとはまたちょっと色彩が異なっておりますが…)まで、リハビリ活動に取り入れても良しというところまでこぎつけているのです。

で?先週金曜のリハビリでは『走る』『跳ねる』を意識して『着地する』練習をスタート。…しかも、片脚で…。順番が逆になっているような気もしますが、最終的に『蹴る』ところまでたどり着かないといけないわけですから、『蹴る』ためには

1.片脚で立ち、

2.片脚でねじり(きっかけは両足、または二軸を片脚上にで作る必要が在ります)、

3.片脚で跳ね、

4.片脚で着地しなければなりませんから、

このリハビリは今からやっておいて損はない。ということになるわけです。

というより、両足揃えて跳ねる、走る、蹴るという動作が日常の人間活動にはあまりないんじゃないですか?もちろん、幼児期にはあるのでしょうが…。

これで、新たな目標も見えてきたことですし、次の一月を有意義に過ごすこと叶いそうです。

『韓非子』二柄より

刑名参同』とか『形名参同』とか言う思想にたどり着くらしいが、要は口先だけで実の伴わない者、逆に実は在るのにアピールの少なすぎる者を罰すると言う考えらしい。

言に訥、行いに敏』を由とする我が国の風潮には馴染みが薄く、『ぇっ!?それって言わないといけないの?』と言う感じも受ける。無名の内はそれも良いだろうが、後々は口を閉ざしたいと思うのは、私も爺の仲間になった証だろうか?

『言うならちゃんとやってよ』、『やるなら、一言ちょうだい』と言う感じで覚えておけばいいだろうか?

こうすることで、韓非は官職に就く者が互いの職分を越えて余計なことをすることをなくし、力を蓄えさせないようにして、自分の職分に集中できるようにする環境造りを整えろと言う。そうやって不必要な功績争いや権力闘争を中枢から消し去り、組織を健全に保つ管理能力をその天辺に求めている。

因みに、『二柄』とは文字通り『二つの柄』を意味しており、それぞれ主君の持つ柄と家臣の持つ柄を持った一本の棒があって、それを主君と家臣がねじったりひねったり、押したり引いたりして互いに自分の利益を獲得しようとしている様子。という意味らしい。

差し詰め、月謝や指導報酬を払わない不貞な輩の殆どが『自称して弟子』を冠するのに対し、『弟子はとってないから、お金はきちんと払って』と言う私のようなものである。

microsoftのswayを使ってみた

Microsoftが新しく開発したスウェイというのを遊び半分で使ってみました。
一つのプロジェクトが時間とともに仕上がっていくのを魅せるには凄く使い勝手が良さそうです。
個人的感想はおいときまして、何をこさえたのか?
気になってない貴方にもどんぞ。

直張りを試みたが失敗だったようだ。
他のやり方を考えてみます。

鬼にも火を灯す心が在るらしい

やる鬼?満々!

今年の二月三日、節分は秘密基地道場の活動日程と重なっていることは周知のとおりです。

で?

鬼もやる鬼を出しているみたいです。
生半可な気持ちで豆まきするとやられるでしょう。
鬼を引き締めて事に当たりましょう。

参考資料